2017年は横浜市都筑区全域で地価上昇!各駅近辺の公示地価を紹介 [東山田・川和町]


2017年1月1日現在の公示地価が、2017年3月21日に国土交通省より発表されました。
都筑区内では、ほとんどの地区で上昇をしてます。

今年は特にセンター北駅とセンター南駅の周辺で上昇が大きかった結果になりました。
さて、この公示地価が私たちの生活にどのようにかかわってくるかも含めお伝えします。


公示地価とは

公示地価は「地価公示法」に基づいて国が調査をするものとなります。
毎年1月1日時点で調査を行い、3月20日頃に発表してます。


公示地価は、不動産鑑定士による鑑定評価に基づいて「売り手にも買い手にも偏らない客観的な正常価格」を決めています。
土地の売買は、売り手と買い手の都合が大きく反映されるので、お買い得価格や、割高価格を反映しないように、客観性を持ってフェアな価格をプロが決める仕組みとなります。

公示地価は、固定資産税や相続税で活用

一戸建てならびに分譲マンションにお住まいの方は、毎年固定資産税が課税されます。
また、相続が発生すると相続税も課税されます。
これらの税金は、土地の評価が高いほど高額になる特徴から、対象の土地を適正に評価する必要があり、市街地では公示地価をベースとした路線価を用います。
つまり、公示地価が高くなると固定資産税や相続税の税金が高くなります。

横浜市都筑区の公示地価

調査エリア

都筑区内の住宅地では住宅地25地区、商業地6地区、工業地2地区の計33地点で調査が実施されてます。

特に市営地下鉄、センター南・北両駅周辺の変動率上昇が顕著に見られ、住宅地は1・6%、商業地では1・9%、また工業地は1・9%とそれぞれ上昇してます。

横浜市の住宅地は、0・9%と上昇となっており、都筑区内の住宅地は上昇幅が大きかったです。

東山田駅近辺の公示地価

東山田は、駅より離れると、昨年と地価は同じケースがありました。
地区整備がされると、地価は急騰しそうなポテンシャルのあるエリアとなります。
1位 横浜市都筑区東山田3-11-13(+1.26 %)
   東山田駅より850m
   24万1000 円/m2(79万6694 円/坪)

2位 横浜市都筑区早渕1-37-20(+1.76 %)

   東山田駅より1,400m
   23万1000 円/m2(76万3636 円/坪)

3位 横浜市都筑区大棚町字矢東144番1(+0.00 %)

   東山田駅より1,000m
   15万9000 円/m2(52万5619 円/坪)

4位 横浜市都筑区東山田町1359番11(+0.00 %)

   東山田駅より1,000m
   15万8000 円/m2(52万2314 円/坪)

川和町駅近辺の公示地価

川和町駅前は市街化候補として、見直し案がでたばかりです。
横浜環状北線、北西線の整備が進む港北IC付近や川和町駅周辺の開発を進める方針で、今後の地価上昇が期待できます。
1位 横浜市都筑区川和台26-5(+1.79 %)
   川和町駅より950m
   22万8000 円/m2(75万3719 円/坪)

2位 横浜市都筑区加賀原1-14-10(+1.38 %)

   川和町駅より1,200m
   22万1000 円/m2(73万0578 円/坪)

3位 横浜市都筑区川和町字河輪森2198番33(+1.46 %)

   川和町駅より1,400m
   20万9000 円/m2(69万0909 円/坪)

4位 横浜市都筑区川和町字城山下648番(+1.34 %)

   川和町駅より750m
   15万1000 円/m2(49万9173 円/坪)

5位 横浜市都筑区川和町字餅田1525番23(+0.00 %)

   川和町駅より600m
   15万0000 円/m2(49万5867 円/坪)

さいごに

なお、横浜市における公示地価の上昇率トップは神奈川区の2.5%です。
羽沢エリアは新駅ができ、相鉄と東横線が連絡するので地価の上昇が顕著です。

続いては、中区と西区で2・3%です。
横浜駅も再開発中、桜木町でも横浜市役所を建設中で現在も開発が進んでいるので地価上昇が続いてます。

都筑区は、港北区と同率の4番目という結果でした。
港北ニュータウンでは大きな開発はありませんが安定して地価が上昇しているのは、住みやすい街として人気が継続しているからだと思います。