せせらぎ公園の桜も満開へ!桜の開花状況と春の無料コンサートの紹介



横浜市の桜の満開予想は4月5日でした。
横浜市都筑区の仲町台にあるせせらぎ公園は、当日は天気は良かったものの桜がほとんど咲いてませんでした。

本日、4月8日にせせらぎ公園に再度来ましたので、桜の開花状況をお伝えします。


せせらぎ公園の桜の開花状況(4/8)

せせらぎ公園に来ました。
本日、4月8日は気温は高く暖かかったのですが天気が悪く、昨日から午前中にかけて雨が降っていました。午後になって雨がやんだので、桜の開花状況を見に来ました。

せせらぎ公園といえば、古民家のある池の周りを彩る桜が有名ですが、他にも桜はあります。

こちらは、仲町台駅よりの入り口の桜です。
満開となっており、桜が散り始めていました。
明日も雨なので、早々に散ってしまわないか気になります。

さて、古民家のあるせせらぎ公園の池のエリアまで来ました。
天気が悪く、写真映えしないのですが・・・
8分咲きというのでしょうか。満開一歩手前というところでした。
3日前に来た際は 、ほとんど咲いていなかった桜が一気に花を咲かせてます。
 雨の降る日でしたが、お花見をしている方もおられます。
ビニールシートを広げて座っている方もいますが、キャンプやバーベキューで使うような椅子と机を広げている方もいました。
椅子を使えば、雨の降った地面に触れることなくお花見できます。もしお花見する機会があれば真似したい小技でした。

なお、3月にリニューアルしたばかりのベンチに座ってお花見している方も大勢いました。
桜をピックアップして見ます。
やはり満開とまではいかない気がします。せせらぎ公園の池の周りの桜は、足元も桜がほとんど散ってませんでした。
満開でなくても、綺麗な桜のエリアが続いてます。
本格的なカメラを持って撮影をしている方もいます。晴天なら綺麗な写真が撮れたと思うので残念です。

さいごに

せせらぎ公園の古民家では、春のコンサートを4月16日の日曜日に行います。
コンサートの時間は11時から12時の1時間となっています。

雨天決行とのことで、当日の天気は気にする必要はありません。 
演奏は都筑区三曲協会にて行われれ、使われる楽器は、箏(そう)と三弦(さんげん)と尺八(しゃくはち)です。日本で古くからある伝統的な楽器による和のコンサートです。
※箏と琴は似ていますが異なります。多くの方がイメージしている琴が、実は箏です。
※三弦とは、3本の弦を使って音を出す、いわゆる中華三味線です。

春らしい演目を演奏するとのことで、以下の通りです。
・花かげ・手まり歌
・千鳥の曲
・トワイライト・シーン
・春の曲
・365日の紙飛行機
・編曲 元禄花見踊
入場料無料のコンサートとなりますので見に行かれてはいかがでしょうか。

桜も開花してから散るまでは1週間ほどと言われているので、4月16日のコンサートの際は、桜吹雪かもしれません。