『PREMIERE YOKOHAMA(プレミア ヨコハマ)』の行く末は?ドン・キホーテも閉店し暗雲立ちこめる

2019年3月16日土曜日

お得な情報 ショッピングモール センター北 ママ目線 港北ニュータウン

t f B! P L


横浜市都筑区のセンター北にあるプレミアヨコハマ。

こちらのメインテナントともいえるドン・キホーテが3月いっぱいで閉店することが分かりましたのでお伝えします。




ドン・キホーテが閉店!どうなるプレミアヨコハマ

横浜市営地下鉄ブルーラインのセンター北駅をでたらひと際目立つ場所に、『PREMIERE YOKOHAMA(プレミア ヨコハマ)』があります。

プレミアヨコハマは、2013年10月25日(金)に神奈川県横浜市都筑区でオープンしました。

「港北ニュータウン」の中枢に位置し、住み心地のよい人気の街「センター北」駅から徒歩すぐの好立地に位地し、抜群の環境にある商業施設。

駅周辺は都筑阪急・モザイクモール港北や、ヨツバコ、ノースポートなどの大型商業施設が建ち並び、お買い物スポットの1つとして期待されていました。

ですが、相次いで出店した店舗が撤退していきました。

原因は色々とあると思いますが、
普段使いには高級すぎて利用頻度の少ないインテリアのお店「EDITION BLUE PREMIERE YOKOHAMA」や、「イルムス」、「Bo Concept」「ラフィネリビング」「和技WAZA」などがあったのを覚えている人は今や少ないかと思います。

以前から感じていたのは、お隣のモザイクモールとショッピングモール間の移動が直接できる連絡口があれば、今とは違いにぎわっただろうと思います。

相次いで店舗が撤退した結果、フロアごと店舗の入れ替えが必要な状況となったプレミアヨコハマ。

そこで入ってきたお店が、ドン・キホーテ。
2016年4月より約3年間営業を続けていました。

当時からあまり地元民からは評判は良くなく、
センター北駅前にドン・キホーテの黄色い派手な看板が景観を壊すと不評だったと覚えています。

ですが意外と需要はあり、
食料品から家電・洋服などすべてがそろっているドン・キホーテのお店を訪れる人は多かった印象でした。

そんなドン・キホーテですが、
残念?ながら2019年3月31日に閉店することが決定。

すでに店内では閉店セールの上り・看板が各所に設置されてますが、
まだお店の商品は投げ売り価格とはなっておらず、品数は豊富にあります。

ドン・キホーテですが、プレミアヨコハマの2階だけでなく、3階にもあります。

3階では自転車を販売していたのですが、こちらの店舗も合わせて閉店となります。

以前はプレミアヨコハマの3階はドコモショップがありました。
ですが、昨年モザイクモール港北に移転してしまったので、残るはauショップだけの状態となってます。

まだまだ綺麗なフロアですが非常にさみしい雰囲気となり、新たな店舗の出店はまだ決まっていないように見受けられます。

プレミアヨコハマですが、飲食店も相次いでオープンしては閉店している状況です。

最近になって、1階にバーガーキングがオープンし始めたので、まだ継続して営業を続けることを考えていると思いますが、今後の行く末が気になります。




さいごに

プレミアヨコハマのコンセプトは、
「大人の女性が毎日を、もっと素敵に、美しく楽しむためのコト、モノが揃う場所」

女性が活き活きと美しく過ごすために必要なコトやモノが揃う場所を目指すはずでした。

ただし、残念ながら北山田駅にあったクイズゲートのように閑散としたショッピングモールとなっているのも事実。


今後のプレミアヨコハマにはどのような店舗であれば長続きするか見えない状況ですが、
ノースポートモールにオープンする食品スーパー「ロピア」のようなお店を誘致するか、東急リバブルのようなテナントを増やしてオフィスビル化しないと、集客・維持ができないような気がします。

ブログ内検索

最新の記事

こちらの記事もおすすめ!