南町田グランベリーパークに遊びに行った体験レポートまとめ!リニューアルした新ショッピングモールの見どころとは

2019年11月13日水曜日

お得な情報 ショッピングモール ママ目線

t f B! P L


東急田園都市線の南町田駅にあったグランベリーモールが、本日11月13日(水)に「グランベリーパーク」としてリニューアルオープンしました。

新しくなった南町田グランベリーパークは隣接する公園とうまく融合しながら、親子で楽しめる体験型施設などが充実しています。

オープン初日には平日にも関わらず多くの人が訪れていましたので、どのような雰囲気だったかお伝えします。




南町田グランベリーパークに行ってきた!オープン初日は平日にも関わらず大盛況

神奈川県のすぐお隣にある東京都町田市、
東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅周辺で行われていた再開発の街「南町田グランベリーパーク」が本日11月13日にまちびらきとなりました。

リニュアールに当たって、公園や体験型施設など親子で楽しめる機能を充実させたのが特徴です。

再開発のために閉鎖されて2年弱、新しくオープンした「南町田グランベリーパーク」はアウトレット品だけでなく、映画館や公園など親子が楽しめる複合施設や、日常利用可能な100円ショップや生鮮食品なども販売するスーパーのある使い勝手の良い施設となっていました。


従来の4倍以上の店舗数となって、11月13日にオープンしました。

すでに2日前にプレオープンしてましたが、本日は正式オープンとあって平日にも関わらずすごい数のお客さんでした。

それでは、南町田グランベリーパークの雰囲気や親子で楽しめそうなスポット、駐車場の混み具合などについてお伝えしたいと思います。


グランベリーパークの駐車場は結構余裕あり !

グランベリーパークは電車でのアクセスが便利ですが、駐車場も多くあります。

グランベリーパーク中心部の商業施設中央や、既存棟(映画館)、駅前の3か所に設けらた駐車場は合計で2,030台もあります。

周辺道路から混雑はあったものの、駐車場は比較的余裕がありました。
駐車場も広く止めやすかったので、車利用でも特に問題はなかったです。

特にオススメは商業施設の中央にある駐車場!
こちらはお買い物中に車に戻ってくる際も利用しやすくて便利でしたね。

グランベリーパークの様子・雰囲気

グランベリーパークはパークとつくだけあって、屋外広場や公園もあります。

隣接の「鶴間公園」には、ピクニックができる芝生やテラスがある「さわやか広場」・砂場やブランコなどがある「星のあそびば」・テニスコートや人工芝グラウンドのある「スポーツエリア」と子ども大人も楽しめます。

ショッピングも都内最大級のアウトレットが併設されており、またペットOKのエリアも充実。家族みんなで一日中楽しめる複合施設です。


平日でしたが、オープン初日とあって休日並みの混み具合でした。

お店に入るのに行列はなかったものの、お買い物客は多く、通路も人が多かったので移動も大変な1日でした。

グランベリーパークのショッピングエリア内には水遊びできそうな噴水スポットがあります。

11月の寒い日にも関わらず噴水は稼働していて、小さな子供達も水遊びを楽しんでいました。

まるで、みなとみらいのマークイズ前の噴水のようです。

次の夏は大人気のスポットになりそうな気がします。

子供連れファミリーにオススメ「キッズディスカバリー」 

子供連れならまずはこちらのキッズディスカバリーを目指してみてはいかがでしょうか。

目玉施設であるNHK Eテレの人気番組が楽しめる「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」があります。

また、ローソンも普通のコンビニではなく、キッズ向けに特化したコンビニとして初出店しており、とにかくファミリーに優しいエリアです。


子供連れの場合は特に便利で、キッズ ディスカバリー内にある「with キッズトイレ」は、キッズフィッティングルームがあります。

ポップでカラフルな色合いの部屋には授乳室、おむつ自販機など、あると便利な細かい配慮がなされているのでオススメです。

*近くの屋外広場の水遊びができるエリアで濡れてしまったときにも利用できそうな予感。

1階には親子づれで利用できるフードコートがあります。
マクドナルドや丸亀製麺のおうどん、たこ焼きなど子供が大好きなお店がいっぱいあります。

席もたくさん用意されているので、混雑はしているもののすぐに座れる感じでしたね。



フードコートに隣接して子供達が無料で遊べる広場や、おもちゃ屋さんがあります。

うちの子供達も本日はここが一番気に入ったようで1時間以上も遊んでました。



特におもちゃ屋さんはプリキュアや仮面ライダー、戦隊ヒーローものの憧れのおもちゃなど実際に体験して遊び尽くせたのでオススメです。

また、「キッズ ディスカバリー」1FにあるKFCレストランでは、なんとブッフェ形式で食べ放題を実施してます。

ケンタッキーの人気メニューが2580円で90分食べ放題となってます。

ケンタッキーでのビュッフェは初とのことで、この日もテレビカメラの取材が行われていてとっても注目を浴びていました。

「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」は大人気

こちらキッズディスカバリーの建物二階にFUN VILLAGE があります。

Eテレの人気番組が楽しめる「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」ではNHK Eテレの人気番組『いないいないばあっ!』『おかあさんといっしょ』『みいつけた!』のキャラクターに親しめる日本最大級のアミューズメント施設がコンテンツとして登場します。

未就学児に特に人気のコンテンツとあって、遊びにきている方も若いママさんばかりでした。


FUN VILLAGE概要
ワンワンとうーたんの もりのわんぱくひろば
乳児を対象とした「いないいないばあっ!」の世界を体験できる森の中の遊び場。他の年代と導線が交わらないように独立させた遊戯スペースになっています。
 
おかあさんといっしょ バス広場
2~4歳児を対象とした「おかあさんといっしょ」の世界を体験しながら、子どもたちが体をうごかして楽しめる遊び場。立体遊具の「ガラピコぷ~の わくわくバス」や「シルエットはかせの かげあそび」も体験できます。
 
コッシーの もりのあそびば
4~6歳を対象とした、立体遊具やワークショップを楽しむことができる遊び場です。ボルダリング遊びのできる「サボテンクライム」や知育玩具で遊べる「ホネーキンラボ」など、エリア全体が「みいつけた!」の世界をイメージしたつくりになっています。
 
みんなのひろば
時間帯別に子どもたちのココロとカラダの発達を後押しする、体操やオリジナルのクイズコンテンツなどを上映。
子どもたちが広場に集まり楽しく歌って踊れる、番組の人気曲の映像も流れるので、退屈しません。
■対象:
 6カ月~12歳(18歳以上の保護者同伴)
■所要時間と料金:
 30分/700円、60分/1,300円
 90分/1,900円、120分/2,500円
 延長(10分ごとに200円)
※同伴の保護者の方は一律500円の料金のお支払いが必要となります。
※料金は税込み価格。 

グランベリーパークで一番人気!Gong cha(ゴンチャ)

Instagramで大流行中のGong cha(ゴンチャ)。

原宿表参道にオープン後、いつ見てもどのお店の前にも長い長い行列が組まれていて、「どうしてこの店はここまで人気なんだろう?」と正直思うことも。。。

南町田のグランベリーパークに出店したこちらの店舗も同様ですごい人気でした。

今年人気のタピオカ店の中でも、特に人気がある台湾から進出したゴンチャ。
この日も50人ぐらいの行列ができてました。

流石に1時間近く並ぶのはためらい今回は訪れることはありませんでしたが、次回あたりは開店時に合わせて訪れてみたいと思います。

グランベリーパークはアウトドア用品が充実! 

キッズディスカバリーの隣にある、「mont bell village(モンベル ヴィレッジ)」では、日本最大級の「モンベル」ショップがあります。

お店の広さは近隣の店舗の4店舗分以上あり、建物全てがモンベルになってます。

店内はたくさんのアウトドアグッズがあり、さらにファクトリーアウトレットも併設してとってもリーズナブル!

また、子供用の洋服も充実しているので親子揃ってモンベルでコーディネイトすることも楽しめそうです。

そして、モンベルのお店の前では、子供もできるアウトドア体験会を開催しています。

この日は特にカヤックが人気で、お店の前の池で親子でカヤックを楽しんでいる様子が見受けられました。

カヤックは3歳から、クライミングは小学生からとなっているのでぜひ、親子でトライしてみてはいかがでしょうか。




さいごに

広くなってリニューアルした南町田グランベリーパークは半日では全てを回りきることはできませんでした。

あっという間に夜になり、昼間とは少し違う雰囲気に包まれたグランベリーパークもとても綺麗です。
 

しばらくはお出かけ先に南町田グランベリーパークを追加し開拓していきたいと思うので、また新たな見所・施設を見つけたらお伝えしていきたいと思います。

 >> 横浜の人気スポット一覧!テーマパーク・グルメ・オススメ情報

ブログ内検索

最新の記事

こちらの記事もおすすめ!